FC2ブログ

Q&A

Q&A
02 /26 2012
 2010年、フードバンクが「人をつなぐ新しい社会的関係性」と「食品をつなぐ新しい社会的流通」を提供できるシステムとなるよう、全国のフードバンク団体が集まり「フードバンクガイドライン(基本方針)」が作られました
 私たちは、まだガイドラインに調印していませんが、ガイドラインを遵守しフードバンクを一人でも多くの方にご理解いただくとともに、さまざまな立場から参加していただけるよう取り組んでいます

フードバンクとちぎの取り組みについてQ&A形式でご紹介します ⇒
Q1.どのような食品がフードバンクに寄贈されているのですか?
 印字ミスや外箱のつぶれ、余剰在庫、季節外食品、定番カット、試供品などの理由で発生する、賞味期限内の規格外等食品が中心です。缶詰やレトルト食品、調味料、乾物、菓子、飲み物、その他さまざまな種類があります。
Q2.企業などが直接困っている人に支援すれば良いのではないですか?
 直接支援する場合、企業側の負担が増えたり、施設などの意思が反映されにくいなどの課題があります。フードバンク団体は、規格外等食品を継続して必要な方に届けるために、食品の品質や選択、配送などに関する情報を収集・整理し、伝達する調整を行っています。
    Q&A
Q3.なぜ無償なのですか?
 有償では、食品の寄贈者にも提供者にもフードバンクに対するコスト負担を求めることになってしまい、活動に対するご理解を得られにくくなるためです。
Q4.一度利用したらずっと続けなければいけないのですか?
 フードバンクを利用する可否を決めるのは、寄贈者と提供者の方です。フードバンク団体は寄贈品の授受に関する双方の利害を調整し、トラブル防止などに努めます。
Q5.フードバンクに寄贈された食品は誰でももらえるのですか?
 原則として、福祉施設・団体に対して寄贈品を届けます。その際、食品の寄贈理由を説明し、適性利用・適性消費にご理解を求めた上で利用していただきます。
Q6.寄贈した食品はどのように扱われるのですか?
 寄贈していただいた食品は、大切な商品やブランドであることを十分認識し、寄贈者の意思を尊重して提供者と共に適正に取り扱うよう努めます。
Q7.食品の品質管理はどうなっているのですか?
 まず、フードバンクでは食品本来の品質が保証された食品のみを取り扱います。そして寄贈者が指定した保管などの基準を守るとともに、提供者にも品質を損なわないよう管理していただくための情報をお伝えします。
Q8.寄贈した食品が転売されたりしないか心配ですが?
 寄贈者の意思を尊重するとともに、信頼や安全性の面からも寄贈された食品を市場へ再販することはしません。また提供者にも同様の説明をして守っていただきます。
Q9.寄贈した食品がどこに届けられているのか知りたいのですが?
 寄贈された食品の管理・配送に関する情報を公開します。また配送に関する記録を残してトレーサビリティを確保します。
Q10.食品の寄贈や提供にあたっては条件を書面に残したいのですが?
 食品の寄贈に関する取り決めについては、同意書を取り交わします。また、提供者とも同意書を取り交わし、提供に関する内容の確認を行います。
Q11.個人情報などの取り扱いについてはどうですか?
 寄贈者及び提供者に関する情報については、許可なく流用したり公開しません。
Q12.食品の事故が起こった場合はどうなりますか?
 万が一事故が予見される場合及び発生した場合、原因究明と拡大防止、被害者救済のために迅速な対応と必要な情報提供を行います。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

foodbanktochigi

〒323-0822
栃木県小山市駅南町1-12-32
Tel 0285-27-5443
Fax 0285-27-2788
倉庫兼事務所
〒323-0034
栃木県小山市神鳥谷2−31−6

活動日:原則毎週土曜日
午前は寄贈品の引き取りと仕分け作業
午後は施設への寄贈品の引き渡し

フードバンクに興味をお持ちの方の見学もお待ちしています
事前にご連絡をお願いします⇒メール
気軽においでください♪